この異常性はSCPエントリのみならず、人事記録やその他の文書にも影響を及ぼす事が出来ます。SCP-2062ベースの改訂は常に同様のパラメータに従います。該当する場合、SCP-2062は対象の存在を反証しようと試みます。そうでない場合、SCP-2062の影響は最小限のものであり、しばしば情報の各所に小さく無視できる程度の注記を付け加えます。しかしながら、手動で”Kronecker”コードに分類された文書は不可逆的にSCP-2062の影響を受ける事になり、名称変更や再ナンバリングを行っても影響を緩和することはできなくなります。