「これが、俺の…… ラーメンだ!」